株式会社東栄
10:00~18:00
水曜日 祝日休 1月より火曜日はお部屋探しは休業 最終火曜日は店舗休業
2019年04月18日
ブログ

階段廊下の電気がつかない(確認)

階段、廊下の電気がつかない(消えている)

一部分であれば、一般の管球切れ、緩急を好感しても使いない場合は接触不良など照明器具の交換が必要です。

全部消えたとなると、

特に、テレビも見えなくなった場合は、共用電源がブレーカーでOFFになってしまったことが考えられます。

小さい安全ブレーカーを一度ぜんぶOFF にしてどこが原因か確認します。

ブレーカに変化がなかった場合は、

タイマーが止まったり、遅れてはいないかの確認、

あと、自動点滅器あるいは日照センサーの故障を疑います。

 

電気がつかないと聞いたら、どこが消えているか、全部消えているか、テレビは見られるかくらいで、後はそれに基づいて、管球交換、器具交換、

全部消えてしまっている場合は、共用電源BOX、自動点滅器の確認を行うとなります。

連絡があった場合

階段通路の電気が消えている

と報告があったら、

 

まずお詫びを申し入れ、どの場所が消えているのかを確認する。

場所が特定出来たら、交換などの手続きをする。

 

すべて消えている場合急に全部つかなくなったかどうか

の予想

共用電源のブレーカーで通電が中止されている

タイマーの不調により、スイッチがつかない

自動点滅器、明かりセンサー、EEスイッチの不調でスイッチがつかない

 

時や強風雨の場合には、どこかで漏電してしまい、

原因箇所、原因機器不調により即復旧できない場合の可能性と、

外出危険や点検順番待ちで現地確認が困難な場合、

専門業者の不在、順番待ちで即復旧できない場合があることをお詫びする

 

現地確認について

どのブレーカーがOFFになっているのかの原因箇所の確認

タイマーの時間がおかしくないか確認する

不明な場合は、共用電源のブレーカー安全ブレーカー(小さいブレーカー)までOFFにして、大きいブレーカーON、漏電ブレーカーON、安全ブレーカーをひとつづつ確認しながらONにしていく、原因箇所のブレーカーをONにすると漏電ブレーカーなどが作動して電気が切れてしまうので、その切れてしまう個所を記録する。どこでブレーカー¥が反応してしまうかにもよるが、少しの時間はそこだけをOFFにしておく

まれに、ブレーカーの老朽化による故障ということもあったりすることがある。

 

arrow_upward