株式会社東栄
10:00~18:00(土曜日は17時まで)
水曜日 祝祭日休(日曜営業) 1月より火曜日はお部屋探しは休業
2021年02月12日
ブログ

湿気(水分)と結露

建物で生活していく中で、季節により湿気(水分)と向き合うことになります。

気が付くと、いろいろな影響が出てしまうことがあるので注意をしましょう

 

換気は重要(基本)です

24時間換気を行っているお部屋は、ずいぶんリスク軽減されていると想像します。

万一、

電気代や音などを嫌ってスイッチを切っている方は、すぐに換気を開始してください。

電気代が惜しまれるかもしれませんが、換気は重要です。

 

 

結露の注意の時期

結露注意の時期は、なんとなく梅雨の時期と冬場という感覚です。

今の時期、注意が必要ですが、

これから到来する3月が暖かい日もあるため意外に危険な時期だと思っています。

寒くて雨が降ると

換気していない 鉄筋コンクリートのお部屋は特にご注意です。

朝暖房していて夕方部屋に帰ってきたら、雨漏りしたのではと思ってしまうくらい

水が出てくることがあります。

冬期に

乾燥を避けるため常時加湿器を使用している方は特にご注意ください。

夜間に

雨漏りしているのではというくらい結露していたという事例があります。

結露の原因の特定やなくすのは難しい

調べてはいませんが、空気を停滞させず、

空気が動いていると結露しにくいように予想します。

激しい事例でいうと

鍋を囲むときは、換気するとしないで大違いです。

同じ部屋でも(普通に生活していて)

何もない方、とても結露する方がいらっしゃりさまざまです。

結露はカビが定着しないよう処置をお願いします。

結露を放置するとカビが発生してしまいます。

水が出たらとたんに拭くことはできないかもしれませんが、

カビを定着させない位の拭き取りをお願いします。

初期の段階であれば、何とかなりますが、

カビの根が深くなるともう処置することができません。

どうかよろしくお願いいたします。

 

arrow_upward