株式会社東栄
10:00~18:00
水曜日 祝祭日休(日曜営業)
2021年02月22日
ブログ

部屋を心地よく見せるポイント(一部)

部屋のインテリアについて関心がありますが
つい好き勝手にしてしまいます。
部屋を心地よく見せるポイントの一部を紹介します。

色数を3色までに抑える

インテリア3色について 70:25:5 が基本です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ベースカラー(70)

天井壁床などの内装色がこれにあたります。
自宅新築でなければ、変えられないところです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
メインカラー(25)

カーテン、テーブル、ソファ、収納家具
などそこそこ費用がかかるもの

暗すぎず鮮やかすぎない色、淡い色が無難です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
アクセントカラー(5)

クッション、間接照明、小物類

ココで好きな色で個性を出すと楽しいです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


床から天井に向かい明るい色に

床から天井に向かって明るい色にしていくと、部屋が広く感じられます。
カーテンやクッション、ラグマットなどで調整することができます。

家具等は圧迫感の少ないもの

家具の足や天板は、細めのタイプや透明感のあるものを選ぶとすっきりします。
足が太い物などはどっしりとして圧迫感が出てしまいます。
部屋が広い場合は気にする必要はありません。

部屋の隅を照明で照らす

間接照明等で部屋の入り口の対角を照らすと、視線がそこに届きやすくなり、部屋の奥行きを感じて部屋が広く見えます。

好きなものに囲まれたいが我慢が必要

部屋を素敵にするには、行き当たりばったりではなく、テーマ等決めて統一する必要があります。

自分で考えたりするのが難しいと行った場合、現在ではオンラインでインテリアコーディネート相談ができる会社がありますので、関心のある方は利用してみて下さい。

arrow_upward