株式会社東栄
10:00~18:00
水曜日 祝日休 1月より火曜日はお部屋探しは休業 最終火曜日は店舗休業
2019年04月09日
ブログ

トイレの水漏れ(確認)

トイレの水が漏れる

給水が漏れる、排水が漏れる、どこからか水が出てきているなど

いくつかの確認が必要となります。

原因がわかりにくいと、水が漏れるとしかいいにくい場合があるので、

整理する必要があるのではと思います。

まずは、

1、どんな時に漏れるのかとどこから漏れるのかを確認

  壁からタンク間での給水管の漏れ、

  タンク内での漏れ(水が止まらない系統)、

  タンクから便器までの管の水漏れの系統

  便器と床の部分の系統

 

漏れる場所がよくわからない場合は、どこが濡れているのかを確認してみる

いつ水漏れするのかわからない場合は、試して観察してみる、天井や壁も見てみるなど

  

また思いついたら更新しようと思います。

水が漏れる(漏水)の連絡があった

漏水、水漏れとなると場所や量も様々なため、勘違いしてしまうと準備が不十分となってしまう場合がある。

まず、どこからどこへ漏水しているのか確認する。

ある場所に水がたまっていてわからない漏水等のもあり得る。

気が付いたのはいつか?以前に兆候はあったのか?

時々、少しあったが気にならなかったが、量が急に多くなったからというケースも考えられる。

見えるところの給水の水漏れ(蛇口、トイレパイプ)

見えるところでの排水の水漏れ(キッチン、洗面、トイレ床)

見えない(にくい)給水の水漏れ(水道の継ぎ目、トイレタンクの中、そのほか)

上から下への水漏れ(天井の上が関係する場合)

床、床下の水漏れ、見えにくくいところでの漏水(給水、排水いずれも)

 

まれに結露だったということもあります。

 

内容については、現場判断になるかもしれません。

arrow_upward